スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
鉄道模型を始めたら、散歩中の視線が変わった。
ブログを始めた頃は、愛犬との散歩の時、写真の対象として周りを見ていた。
花だったり、風景だったり、珍しいもの、綺麗なもの、変わったものなど。

鉄道模型を始めたら、すべて模型作りの参考として見るようになった。

木の生え方は?、木の形は?、高さは?、崖の植物の様子は?、道から林に変わる変化は?、林や山を全体として眺めたときの木の様子は?、草の生え方、見え方は?、色は?、

川ってどう流れている?、川の色は?、河原の石の色は?、

線路際に何がある?、バラストは錆がどの位着いている?、線路の錆色はどんな色?、木の枕木はどのくらいの寸法、踏切の高さは手前の道路と同じ高さ?、

古い木造建築の窓枠はどのくらいの太さで、家の周りに何が置いてある?、どのくらい汚れている?、
自転車は?、自動車は?、看板は?、
等々、あらゆるものが観察の対象になってしまった。

今、木の試作を色々とやっているが、形はともかく、色彩にはまいった。
季節によりどんどん色が変わるからだ。
レイアウトの季節設定をちゃんとしないと、とんでもないことになりそう。

木の作り方には色々あるが、今一番気に入っているのは、散歩で見つけた南天の実が落ちた後の枝。
P1170706_convert_20090623001504.jpg
中々良い形をしている、落葉樹向きかな。

南天は種類によって枝振りが違うようでこんなのもあった。
P1170710_convert_20090623001659.jpg
これは、常緑樹向きだろうか。

以前の散歩で、ツツジの細かく枝分かれしたものや、雑草の木に見える様なものを集めてみたが、いまいちだった。
この南天の枯れた枝先を見つけたときの感激は、中々分かってもらえないかも知れない。
それはもう、最高の気分だった。

と言うことで、又。
スポンサーサイト
2009/06/23 00:38 | 鉄道模型 | コメント(3) | pagetop↑
ちらっと、鉄道模型の写真
途中経過の写真を見たいと言うことですので、まだ、全体写真は撮っていないのですが、現在の経過写真です。

全景
建物はまだ仮置きの状態で固定していません。
土地造成が終わり、草が生えてきた段階で、木もなく、人もいなく、寂しい限りです。

手前の空き地は、商店が並ぶ予定です。

山、と言っても低いですね、写真ではわかりにくいですが、間に川が流れています。
kawa
山の部分は、すべて、発泡スチロール製です。
岩肌に見えますか。

川も川らしく見えるでしょうか、まだ、流れが岩にあたって白くなっている表現をしていませんので、
小川のように見えますが、その内、急流に見えてきます? きっと?

山も、2階建ての建物に比べると、非常に低く、山とは言えませんが、下草がはえ、木が植れば、
里山ぐらいには見えてくるでしょう?。 きっと?

どこまで作り込むかが問題ですが、一応の完成までには数年かかるのではないかと思っています。


日本式Nゲージの鉄道模型は、スケールが1/150ですが、スケール無視の低い山でも、見た目で大きく見せることが出来ますので、スケール論から言えばいい加減なものなのです。
こんなところも、鉄道模型レイアウトと呼ばれるものと、ミリタリー好きの人たちが作るジオラマとは、
方向性が異なるのかも知れません。

鉄道模型にも、スケール重視のジオラマと言う表現の仕方は有りますが、
鉄道模型レイアウトは、その一部を見ればスケールに多少とも従った、ジオラマの集合体であり、全体で見ると感覚重視、スケール無視の模型と言えるでしよう。

次回は、散歩でブログの写真を撮っていた時と、同じ散歩でも鉄道模型を始めてからとでは、視点が違ってきた事などを書きたいと思います。

今までの制作過程も、出来るだけ載せたいと思います。

2009/06/17 01:10 | 鉄道模型 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
半世紀も前から持ち続けた夢、鉄道模型
2009年になってしまったのに、色々あって中々更新できなかった。

その色々の一つが、鉄道模型。

小学校の頃、学校の帰りに道草、天賞堂の二階に寄り、そこにあった16番のレイアウトにあこがれを抱いていたのが、始まりと思う。
そのころの話は、書き込みブログ「髭猿」のあの頃の話(模型への憧憬)に詳しく書いている。

住宅事情から、16番レイアウトはとても無理。
Nゲージなら何とかなるかなと、計画したが、畳、一畳のスペースも無理。
ならば、蒸気機関車が走る、最低限の大きさと言うことで、1200×650に決定。
一月からほぼ二ヶ月間、レールプランを練り続けた。

教室外の、引っ越し以来、雨ざらしになっていた段ボールを開けたら、
出てきました。 髭猿にとっての宝物。

仕事が忙しく、レイアウト作りが夢の又夢だった頃、買い集めていたレールやポイント、
駅舎、機関庫、保線小屋、鉄橋、手作りのトンネルポータル、シーナリィー材料など、
どれを見ても懐かしく、今では絶版になり、手に入らないものなど、
お宝が、ざくざく。
これも、始めるきっかけに。

アラカンならぬ、アラキン(アラウンド年金)になり、今の内なら目も手先もまだ動くので、
ここいらが始め時と、思ったのもきっかけ。

早速、買い続けていた、数百冊になる「鉄道模型趣味」を読み返し、
寝ても覚めても、頭の中はレイアウトのことばかりとなった。

現在、地形の完成まで進んだが、途中経過は、追い追いに書きたいと思います。



鉄道模型とは?
このことについても、私見を書いてみたいと思います。

スケールのこと、リアルさと縮尺の矛盾、模型とおもちゃの違いなど、
鉄道マニアとは何か、こだわりはどこまで必要か、

などなど、模型の世界は矛盾だらけだが、自分の世界に没頭できる素晴らしい世界なのかも知れない。




2009/06/01 01:08 | 鉄道模型 | コメント(6) | pagetop↑
来年は良い年になりますように。
今年もついに大晦日。
今年は我が家にも色々ありました。
良いこと、悪いこと、来年は良い年になるよう願いながら、
久しぶりに、龍の写真をUPします。

ryuu

12月中頃、山梨に行ったとき、お寺の天井画を撮ったものです。
暗い本堂なので、カメラを床の上に置き、セルフタイマーをかけ撮りました。
余りにも絵が大きく、写ったのは一部でしたが、バッチリ顔の部分が入りました。
作者は加山又造氏。

では、来年楽しいことが沢山あるように祈って、

    皆様、良い年をお迎え下さい。

2008/12/31 20:08 | | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
晩秋 ・・・・・・・秋色色々  1
01
ふと気づいたら、早1年半もこのブログ休んでいました。
又以前のように、時々再開しましょうか。

この、ドウダンツツジのように華やかにか?

02
この、ツツジのように わびさび のようにか?

03
そして、散り急ぐ銀杏のようにか?
残りの人生、どう生きましょう。


もうじき、孫という新しい命も生まれ出るようです。
正真正銘の、爺さんに・・・・・・・・・。

どうせなら、楽しく、生きましょう。
何でも出来る時間が有るのですから。


ところで、年金相談行ってきました。
行って良かったですね、ミスがあり、30ヶ月分増えました。
皆さんも、ぜひ、確認してください。
ただでさえ少ない年金、少しでも多い方が良いですものね。

最後は年金の話ですか、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ま、爺さんですから。

2008/11/25 17:32 | 庭以外の植物 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
ユネスコ チャリティ茶会

ちょっと前の写真で申し訳ありません。
5月20日 横浜三渓園にてユネスコチャリティ茶会が開かれ、
かみさんが、白雲亭第2席で席持ちをしました。

20070529114355.jpg
三渓園内苑入り口の門。
周りの公園とは、まったく別世界のような所です。

20070529114408.jpg
この門が白雲亭の入り口。
門や入り口と言っても、色々な形があるものです、中々楽しい。

20070529114421.jpg
公園側から見た、白雲亭。
お茶席は、この奥にあります。

20070529114433.jpg
床飾りと、長板のお釜と水差し。
例年の如く、お弟子さんと何時も手伝ってくれる人達、家族総出の手伝いで、スタッフは20人ぐらいになります。
この点は、他の茶席に比べても大所帯。

20070529114448.jpg
最終的に10回のお手前をし、お迎えしたお客様も230人以上となりました。

チャリティですので、お茶券売り上げの6割は、ユネスコに寄付されます。

(写真右)帰宅後、茶室に、今日使った茶碗道具類を全部広げ、陰干しします。
漆のものや、お釜、御軸なども指紋を綺麗に拭き取り、仕舞う、後片付けが有ります。

秋にも同じ所で席持ちがあり、かみさんは、今から道具を何にするか考え始めています。
それが楽しみなのでしょうが、ご苦労なことです。

ところで、髭猿は何をしているかというと、水屋でお客様に出すお茶の点て出しと、写真撮りなどをしています。
茶席のお手前では、正客、次客の二人分しか立てませんから、他の人の分は水屋で用意しますので、
200人分を点てることになります。
お茶の濃さや、温度、お湯の量など午前午後で少し変えますので、それなりに気を遣います。
午前は、初めて席入りする人が多いので、普通の濃さ、お湯は多めで温度は少し低く。
午後は、他の茶席を廻って、既に抹茶を飲んできた人が多いので、多少濃いめ、湯は少なめ、さめやすいので温度高め、と言った具合です。
それと、点てたお茶にだまが出来ないようにとか、泡立ちは多すぎないように、細かく。
出すときは、点てたお茶が周りに着いて汚れていないか、等々、200人分結構気を遣います。
2007/05/29 12:46 | その他 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
たんぽぽの旅

この写真は昨年の4月29日に掲載したものですが、
友人の童話作家から、飛んでいる写真が欲しいと言われ、それをヒントに、着地までを撮ってみました。

20070515003648.jpg
風に乗って、宛もなくゆらゆらと。

20070515003702.jpg
風も止まり、飛行も終わりに。

20070515003716.jpg
お!!、緑の世界だ、最高!!。

20070515003732.jpg
現実はうまく行かないようです。
着いたところは、荒れた土地でしょうか。
でも、ここで、新たな生活を始めようかと思います。
2007/05/15 00:51 | 庭以外の植物 | コメント(4) | Trackback(0) | pagetop↑
雨の遊歩道

昨日は、友人の30回目の個展があった。
幸い、午後の教室は生徒が全員休みとなり、雷雨の予報だったが、出掛けた。
個展終了後、30回を記念して、これまで手伝ってくれた人との食事会を開くとのことで、参加。
食事会も終わり、雨脚がだんだん強くなってきたが、雨の夜の横浜を、写真に撮ったことがなかったので、
皆と別れ、一人雨の中を歩いた。

20070511140739.jpg
強風と吹き込む雨の中、カメラだけは濡らさないようにしたため、下半身はびしょびしょに。
靴の中まで水浸しとなった。
被写体を、ファインダーで眺めると、雨の風景の撮影の難しさをつくづくと感じた。
夜で手持ちカメラ、風も強く傘を持ちながらの撮影。
当然のことながら、みなブレブレの写真ばかり。
しかも、写真に撮ると雨の感じが出ない。

20070511140800.jpg
雨の感じが一番出るのは何かと考えた結果。
歩道を入れれば、良いかなと、狙ったのが遊歩道。
風の強さは表現できなかったが、雨にけぶる感じは出たろうか?。

ずぶ濡れになったが、写真を撮っているときは、奇妙に心地よかった。

ちなみに、「写真のために、そんなに濡れて帰ってきて、馬鹿みたい」とは、かみさんの弁。
「本人でなければ感じられない、至福の時なのさ」と、心の中でつぶやいた。

2007/05/11 14:45 | 風景 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
又会えたね、沢蟹くん
20070508162031.jpg
天気が良かったので、昨日は家の表の方、今日は裏の方の草取りをした。
側溝横のドクダミが沢山生えている所には、沢蟹が居るがここの所見ていない。
そーっと、草をどけると・・・・・・居ました。

20070508162050.jpg
先々日の雨で、湿っていて出てきたのだろうか。
今年は、身体も一回り大きく、鋏も立派なのが付いていた。

20070508162109.jpg
                             Before  =====> After
側溝横のドクダミは、沢蟹のために残すことにした。

2007/05/08 18:17 | 昆虫、小動物、鳥 | コメント(6) | Trackback(0) | pagetop↑
散歩道の紫の花

散歩道の途中、道端に咲いている花。

20070427171013.jpg
何時も気になってはいるのだが、名前は不明。

20070427171028.jpg
自分で調べろって!?!。
以前なら一生懸命調べたのだが、最近、綺麗だなーですませてしまう。
作ることに対する知識欲は、人一倍有るのに、花に対しては、本当の意味で興味がないのかなー。
2007/04/27 17:21 | 庭以外の植物 | コメント(4) | Trackback(1) | pagetop↑
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。