スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
邪鬼

 成田山の装飾彫刻を続けてきたが、残り少なくなってきた。
 このように切妻の梁にある彫刻は、以前、旧写真帳に風神の例を載せたが、
 此は、邪鬼だろうか。
 昔、「邪鬼の性」と言う本を読んだことがある。
 四天王に押さえつけられ踏まれていた邪鬼が、時代と共に自己主張を始め、
 ついには、独り立ちの様式で作られるようになると、書かれていた。
 その意味でも、この邪鬼も独立している、存在になっている。

 惜しむらくは、鳩よけの金網が邪魔をしていること。
 何か、邪鬼が飛び出さないように、おりで囲っているようでもある。

20060221130553.jpg

スポンサーサイト
2006/02/21 13:39 | 仏像 | コメント(1) | Trackback(0) | pagetop↑
雪・・・・・。

 予報どうり、朝早くから雪になった。 
 雪が多く、つくばいも埋もれてしまったため、絵にならない。
 そこで、つくばいのそばに置いてある小さなお地蔵さんを撮った。

20060121101911.jpg
 つくばい横の、紅紫檀。
 雪の間から赤い実が綺麗に輝いていた。

テーマ: - ジャンル:写真

2006/01/21 10:30 | 仏像 | コメント(4) | Trackback(1) | pagetop↑
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。