スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
港のシンボルジャックの塔+横浜のメリーさん

横浜港のシンボル3ッつの塔の内、以前「キングとクイーンの塔」を紹介したが、
ジャックの塔がもれていた。
この塔がジャックの塔で、現横浜開港記念会館。
明治7年に建てられ明治39年消失、大正7年に再建された建物。
当時、貿易商たちが事務所や集会所のために造ったものだそうです。

20060930010612.jpg
日本人設計の、イギリス風の建物で、この屋根は平成2年、当初の姿に再建されました。
20060930010626.jpg
現在は内部工事のため、閉館中です。

20060930010638.jpg
参考に違った角度から、もう一度掲載します、右がクイーンの塔、左がキングの塔です。

20060930010659.jpg
裏通りを歩いていたら、こんなポスターを見つけた。
「よこはまのメリーさん」と言えば、横浜の人で知らない人がいないくらいの有名人。
しかし、実際に見た人はそんなに多くないと思う。
いつも、白化粧、白装束で歩いていたため、以前から「見た?いたよ」と会話にあがった人。
戦後50年娼婦として、数奇な人生を送り、昨年?亡くなったらしい。
1995年忽然と姿を消したとの話もあります。
TVでも紹介され、映画化された、今や伝説の人。
スポンサーサイト
2006/09/30 01:47 | 建物 | コメント(8) | Trackback(0) | pagetop↑
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。