スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
五重の塔を担ぎ続ける邪鬼達


一月ほど前に京都奈良に行く機会があり、社寺の装飾彫刻を探したが、ほとんどのお寺に無かった。
どうも 社寺彫刻が盛んになってきたのは、鎌倉以降のたてものらしいと、感じ始めている。
この五重塔は、京都東寺のものだが、それらしい物が見つからない。
ところが、よくよく探すと、一番下の四方の軒の奥にいました。
四体(匹?、頭?)の邪鬼が重い五重塔を担ぎ、支えていました。
 
20060826122735.jpg
若い邪鬼だろうか、肩で担ぎこちらをにらんでいます。

20060826122748.jpg
こちらは、年とっているせいか、手を背に回し、頭も使って頑張っています。

20060826122801.jpg
鼻が高く、割合気楽に担いでいるように見えます。

20060826123327.jpg
こちらの邪鬼は、手を添えて重そうですね。

昔、「邪鬼の性」という本を読んだことがあります。
四天王に踏みつけられていた邪鬼が、時代と共に独り立ちして、最後には堂々とした邪鬼像として現わされる、と言う内容でした。
この東寺の邪鬼は、踏んづけられているのではなく、立派に自己主張しているように見えます。
2006/08/28 01:19 | 獏、四神、その他装飾彫刻 | コメント(18) | Trackback(0) | pagetop↑
<<奈良 秋篠寺 向拝の龍 | HOME | 思い出巡り(登校道)>>
コメント
髭猿先生 こんにちは
私も 6月に 京都に行ったとき 
あれっ 何で 髭猿先生の写真のような装飾が 無いんだろうと 思いました。
お寺を たくさん回らなかったからかと 思ってたんですが 時代的な 背景があるんですね。

しるばぁ * URL [編集]2006/08/29 12:29
おおっすごい支えていますねぇ、おもしろい!
知らなかったり見つけようとしないと眼にできないですね。
くてくて * URL [編集]2006/08/30 10:17
こんにちは、
どの邪気も個性的な表情ですね。
装飾を手がけた方の個性も出ているのでしょうね。
ジェナス * URL [編集]2006/08/30 13:57
こんにちわ。こたたまにっきのなあちんです。
なるほど。確かに京都のお寺ではあまりこった装飾をみなかった気がします。
邪鬼を五重の塔を支えているというのは面白いですね。
いろいろ想像をめぐらせています。(^^)
なあ * URL [編集]2006/09/02 15:16
しるばぁさん 返事が遅くなりすみませんでした。
おかげんはいかがですか、残暑もきびしくなるようです、気をつけて下さい。

今年行ったとき、ふと思ったのです
どうも、鎌倉以降の社寺に多いらしいと。
こんな所でも、時代の変化ってあるんですね。
興味深いです。
髭猿 * URL [編集]2006/09/04 13:12
くてくてさん、お久しぶりです。
返事が遅くなり申し訳ありません。

色々探すと有るものですね。
作った人は見られることを意識していないのかも知れません。
これからも、あちこち探してみます。

くてくてさんのブログを見ていると、本当に良く出掛けられますね。
そして、楽しい物を沢山見つけて、頭が下がります。
若さかなー、
髭猿 * URL [編集]2006/09/04 13:17
こんにちはジェナスさん。
返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
邪鬼も、興味有りますね。
時代変化の有る、彫刻です。
だんだん可愛く見えてくるから、不思議です。
髭猿 * URL [編集]2006/09/04 13:20
なあさん、コメント有り難うございます。
こたたまにっきには、コメントこそ入れませんが、何時も見に行かせていただいています。

京都奈良というと、社寺装飾の宝庫のように感じますが、本当に少ないです。
でも、この五重塔のように意外なところにあるものですね。
装飾とか、しきたりとか、行事というのはその時代時代で作られている物なのですね。
と言うことは、時代に合わせてどんどん変えていって 良いと言うことでしょうか。
興味のあるところです。
髭猿 * URL [編集]2006/09/04 13:30
いやぁ暇なだけです(笑)。
v-521
くてくて * URL [編集]2006/09/04 18:38
田舎に引っ越してから、とんと神社・仏閣めぐりや街歩きと遠ざかってしまいました。
浅草にいたときはどこへ出るにもふらっと立ち寄る場所があったのですが・・・。
もう少し生活が落ち着いたら、この辺を探索してみようと思います。
今は髭猿さんのブログで神社・仏閣探訪を楽しませて頂いています。
最近、こたたまはガーデニングネタが多くなりました。(^^;)
なあ * URL [編集]2006/09/05 08:22
くてくてさん、還暦過ぎた当方も、時間は沢山あるのですけれど、
なかなか、ままなりません。
髭猿 * URL [編集]2006/09/06 18:11
なあさん、神社仏閣巡り、その中でも装飾に絞ったブログは少ないですね。
そんなに皆興味がないのかなと、好きな者には不思議です。
マイナーな世界ですが、頑張ってみます。
髭猿 * URL [編集]2006/09/06 18:15
髭猿さんのブログはそういった面でもとても貴重なブログです。(^^)
何より写真がきれいですし。装飾の細部がとてもよくわかります。
そうだ!もしご都合が会えばですが、9月16(土)・17(日)と根津神社のお祭りがあります。今年は、御鎮座300年祭で、100年に一度しか出ない神輿が出る神幸祭があります。
神輿の渡御は17日(日)ですが。次は100年後まで見られないそうです。
髭猿さんの写真に納めていただくことができたらいいのですが・・・。
何分今週末のことなので、お知らせが遅くなってすみません。
なあ * URL [編集]2006/09/06 21:22
なあさん有り難うございます。
これからも撮っていきたいと思います。

根津神社のお祭り、貴重な神輿が出るとか、
見に行きたいですね、でも残念ながら16日は教室があり出られませんし、17日も先約があって行けません。
折角、お知らせいただいたのに、申し訳ありません。
こたたまにっきでぜひ当日の様子を拝見したいと思います。
楽しみにしています。
お誘い有り難うございました。
髭猿 * URL [編集]2006/09/07 17:41
そうですか。残念ですが仕方ありません。
混雑の中どの程度見られるかわかりませんが、がんばります。(^^)o
携帯の写真で髭猿さんの写真とは比べ物になりませんが・・・(^^;)
なあ * URL [編集]2006/09/07 18:01
素早いコメント、有り難うございます。
行けなくて本当に残念です。
シシオくんと、マイコちゃんと一緒に見せていただきます。
髭猿 * URL [編集]2006/09/07 18:15
俺も直接見たいけど、旅先なので……
マイコは、100年ぶりのおいしいものが出るんじゃないかと気をもんでいます。
くれぐれもムリをするなと、とうちんが言ってます>なあちん
って、人のブログで何伝言させられてるんだろ、俺。
シシオ * URL [編集]2006/09/07 23:16
は、は、は!
そうですか、みられない上に美味しい物も食べられないんだ。
可哀想ー。
髭猿 * URL [編集]2006/09/07 23:29
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://higezaru.blog25.fc2.com/tb.php/197-db0df107
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。