スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
奈良 秋篠寺 向拝の龍
PCのディスプレイがついにダウン。
PC本体は好調なのですが、画面に何も映りません。
と言うことで、ディスプレイ交換となり、またまたブログを休んでしまいました。
ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
幸いな事に、19インチの液晶ディスプレイを、15インチの価格で買うことが出来、喜んでいます。
大きいと言うことは、良いものですね。
デジカメ写真の迫力のあること。
作業面積が広くなり、やりやすい事と言ったら、もう最高です。

と言うことで、社寺彫刻巡り再開します。

奈良の秋篠寺に友人が行くというので、一緒に行く事にしました。
新幹線で新横浜から京都まで2時間、早いですね、驚きです。
京都からレンタカーで、秋篠寺へ。
小さなお寺ですが、静かで綺麗な感じの良いところでした。

20060904134715.jpg
秋篠寺の本尊は大元帥明王。
十六夜叉大将の一で、二童子・四天王などを従え、国家を鎮護し諸難を除く神だそうです。

20060904134725.jpg
装飾彫刻は向拝中央に龍の彫り物とその上に鶴がありましたが、木鼻などは簡略されたもので、この二つだけと言って良いくらいでした。

20060904134742.jpg
苔むした参道は、穏やかな雰囲気の 気持ちの良いところでした
2006/09/04 14:16 | | コメント(4) | Trackback(2) | pagetop↑
<<法華寺の龍、獅子、虎、獏 | HOME | 五重の塔を担ぎ続ける邪鬼達>>
コメント
そうでしたか。

再開早々の、お休みで「やはり、ブログご卒業では・・・?」などと
心配していました。

19インチは凄いですね。
こちらは、まだ17インチなのです。
それでも、15インチ位のウインドーを何枚も重ねて開けて
大きいと、とても便利ですよね。

グラフィクソフトを使いたい、jicchaとしては、ダブルディスプレーで操作ツールと処理画面を分けたいのですが・・・
なかなか実現せず「夢」で、終わりそうです。

新ディスプレーを駆使しての<社寺彫刻巡り>
大いに期待しております。
jiccha * URL [編集]2006/09/06 11:33
こんばんわ、
大画面ディスプレー羨ましいです。

龍に目が無い私は、素敵な、龍の木彫も楽しく拝見いたしました。
ご本尊の明王も迫力有りますね。
ジェナス * URL [編集]2006/09/06 21:26
こんにちは、jiccha。
不幸中の幸いですね、たまたま、1台だけ有ったのです。
てっきり17インチと思い購入後、家で開けてみたら19インチ。値段と言い、一瞬間違っているのかなと伝票を確認してしまいましたが、間違い有りませんでした。
自然と笑みが出てきましたが、今までの場所に入らず、棚板の位置を変えたり大移動となりました。
ただ、色調が今までと少し違い、写真の感じが変わって見えましたので、調整が必要かなと思っています。
考えてみれば、UPした写真も、ネット経由で見た人達は多分違う色合いで見ているかも知れませんね。
マシンが違うので、仕方のない事なのでしょうが、皆どんな色調で見ているのでしょう。
髭猿 * URL [編集]2006/09/07 18:04
こんにちは、ジェナスさん。
良いですよ大画面。
ディスプレイを交換できるのは、ディスクトップの特権ですね。
ノートでしたらこうはいかなかったかも知れません。

龍は良いですね、猿も大好きです。
ジェナスさんと同じで、つい買ってしまいます。
でも かっこいいものは中々少ないですね。
髭猿 * URL [編集]2006/09/07 18:10
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://higezaru.blog25.fc2.com/tb.php/198-0b103146
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
大元帥明王について
大元帥明王大元帥明王(だいげんすいみょうおう、但し真言密教においては大元帥の帥の字は発音せず、大元帥明王と書いて「たいげんみょうおう」と読むほか、その読みのままに太元明王と記すこともある)は、古代インド神話に登場する魔神アータヴァカ(??avaka アタバク。 神話&神々の研究【 2007/02/11 23:51 】
大元帥明王について
大元帥明王大元帥明王(だいげんすいみょうおう、但し真言密教においては大元帥の帥の字は発音せず、大元帥明王と書いて「たいげんみょうおう」と読むほか、その読みのままに太元明王と記すこともある)は、古代インド神話に登場する魔神アータヴァカ(??avaka アタバク。 神話&神々の研究【 2007/02/10 06:46 】
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。