FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
新旧狛犬比べ
髭猿ブログで狛犬は初登場。
旧ブログを含めて、一年半になるが今まで何となく避けていた。
撮っている数も多くなく、首を突っ込むと大変かなという気があったからか。
木彫に比べ、石像の方は興味が薄いからだろう。

仏師になりたい時期があり、一時、彫金と平行して、京都の仏師のもとで、
通信教育という形で木を彫っていた時期があった。
その内、本業が忙しくなり、仏像彫刻は頓挫してしまった。
それでも、注文も含めて10ッ体ほど彫ったろうか。

仕事として、また、大好きな作ることの手段として、金工をやって来たが、
金属より木の方が好きである。
木を削っているときの、音、ぬくもり、色、柔らかさ、香り、どれを取っても堪らなく好きである。

そんなこともあり、石造りにそれほど興味が湧かなかったのかも知れない。


前置きはさておいて、この狛犬は、奈良秋篠寺南門前の、秋篠寺鎮守杜のもので、それなりに古い物らしい。

20061021134847.jpg
こちらは、上野下谷神社の狛犬で、平成の造成と書いてあった。

両者を比べてみると、時代の流れか狛犬=唐獅子という形式がなくなりつつあるように思う。
狛犬=犬としか見えない。
簡素化され、誇張された姿も、好きになれない。
髭猿は懐古主義者であって、モダーンスタイルには、なじめないのだろう。
2006/10/21 20:35 | 獅子 | コメント(10) | Trackback(0) | pagetop↑
<<沢蟹と追いかけっこ | HOME | 鬼の横顔>>
コメント
こんばんわ。
古い方が断然、好みです。可愛いし♪
新しいのは、悪いが、ブタ鼻で‥犬にも見えない‥気がします。
ジェナス * URL [編集]2006/10/21 21:11
おはようございます。髭猿さん
古い狛犬のほうが、いいですね。
何もかも新しいものが、良いとは、限らないとこの頃、思っています。
特に 寺院関係の所は、新しすぎるとなんと嘘っぽく見えるのは、私だけなのでしょうか?
けい * URL [編集]2006/10/22 09:45
私も 古い方がいいな
もし 動き出したら 撫で撫でして上げる
・・うっそ!・・・恐い!

新しい方は  カキ―ンって動きそう
機械油 あげちゃおうかな
seiko * URL [編集]2006/10/22 18:37
下谷神社の狛犬は、平成の造成ではありません。
昭和8年か9年の造成だと思います。
氏子 * URL [編集]2006/10/23 00:02
ジェナスさん、けいさん、seiko さんコメント有り難うございます。
合いレスで申し訳ありません。

皆さん古い方が好きとのコメント、髭猿も安心しました。
新しい物って、どうしてこうなっちゃうんだろうと思う物が多々ありますね。
作者の主張なのでしょうが、有るべき姿と言う物も有ると思うのです。
髭猿 * URL [編集]2006/10/23 20:30
氏子様 お知らせ有り難うございました。
平成5年に修復工事がされていますが、その時新しくされたと思いました。
当方の勘違いと思います。
ただ、昭和初期にしては、大戦による空襲もくぐってきたでしょうし、70年余りの風雨に晒されている石像とはどうしても思えません。
風化や鳥の糞などによる、摩耗、損傷がほとんど無い状態でした。
余りにも綺麗すぎるように思います。
髭猿 * URL [編集]2006/10/23 20:41
70年以上も前のものだったんですね
でも ひどく今風で 
現代の若い作家さんの作品かと思いました
とっても吃驚です
seiko * URL [編集]2006/10/24 07:33
seikoさんも、驚きましたか。
早速、神社の社務所に電話して、確認を取りました。
昭和9年作で、その後の修正、修復は一切無いとのことです。
社務所の方は、若い人のような声でした。

其処まで聞いても、まだ納得していない髭猿なのです。
70年経った石像に、雨水のシミや、変色がないことが、どうしても信じられません。
戦前にこういう作風があったか、調べようかとも思っています。
髭猿 * URL [編集]2006/10/24 13:17
狛犬はちゃんと調べてみたいカテゴリーの一つですが、根性なしなので、狛犬写真コレクションになっています。
石の質や石工の技術や、流行りもあるのでしょうか。
私も、時の風合いのある方が好きですが、下谷神社の狛犬さんは、何故か筋肉質なのか、痩せているのか・・・それなりに面白いと思いました。
なあ * URL [編集]2006/10/24 20:56
なあさんの仰るとおり、狛犬にも興味があるのですが、
なかなか、テーマとして取り上げにくいものですね。
対象としては面白いのですが、写真にすると難しい。
これを機会に、少しづつ続けて行こうとは思うのですが、どうなりますやら。
髭猿 * URL [編集]2006/11/01 13:14
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://higezaru.blog25.fc2.com/tb.php/212-f52ad0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。