スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | pagetop↑
雨の遊歩道

昨日は、友人の30回目の個展があった。
幸い、午後の教室は生徒が全員休みとなり、雷雨の予報だったが、出掛けた。
個展終了後、30回を記念して、これまで手伝ってくれた人との食事会を開くとのことで、参加。
食事会も終わり、雨脚がだんだん強くなってきたが、雨の夜の横浜を、写真に撮ったことがなかったので、
皆と別れ、一人雨の中を歩いた。

20070511140739.jpg
強風と吹き込む雨の中、カメラだけは濡らさないようにしたため、下半身はびしょびしょに。
靴の中まで水浸しとなった。
被写体を、ファインダーで眺めると、雨の風景の撮影の難しさをつくづくと感じた。
夜で手持ちカメラ、風も強く傘を持ちながらの撮影。
当然のことながら、みなブレブレの写真ばかり。
しかも、写真に撮ると雨の感じが出ない。

20070511140800.jpg
雨の感じが一番出るのは何かと考えた結果。
歩道を入れれば、良いかなと、狙ったのが遊歩道。
風の強さは表現できなかったが、雨にけぶる感じは出たろうか?。

ずぶ濡れになったが、写真を撮っているときは、奇妙に心地よかった。

ちなみに、「写真のために、そんなに濡れて帰ってきて、馬鹿みたい」とは、かみさんの弁。
「本人でなければ感じられない、至福の時なのさ」と、心の中でつぶやいた。

2007/05/11 14:45 | 風景 | コメント(2) | Trackback(0) | pagetop↑
<<たんぽぽの旅 | HOME | 又会えたね、沢蟹くん>>
コメント
髭猿さんの気持ちが。わかるような気が、します。
私も時々、雨を撮ってみたいと思います。
でも、夜の雨は、特に 難しいので挑戦したことは、ありませんが、きっと、自分の思ったことの何分の一かでも 表せたら、嬉しいと思います。
私もいろいろ、撮り方を工夫して思った写真が、撮れたら、それまでの苦労吹き飛んでしまいます。
この写真は、髭猿さんの苦心を感じさせないほど、綺麗に 撮れていますね。
雨の中でも 美しい横浜が、ここに あります。(^o^)
感激です。
また、素敵な作品楽しみにしています。(^o^)
けい * URL [編集]2007/05/11 22:38
けいさん、雨の日の撮影は難しいですよー。
二人ならば傘を持ってもらえるので、少しはいいでしょうが、
一緒に雨の写真を撮るような好き者は、居ないでしょうね。
でも、不思議なものです、誰ーも居ないところで、ずぶ濡れなのに、ちっとも惨めではありませんでした。
早く家に帰って、パソコンで確認したくて、家に着くのが待ち遠しいほどでした。
何でもそうかも知れません、自分からやりたいと思ったものは、どんなことでも楽しいものです。
これで風邪を引いても、多分悔いはないでしょう。
楽しいと思えば、何でも楽しい、そう言うことですね。
髭猿 * URL [編集]2007/05/15 01:27
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://higezaru.blog25.fc2.com/tb.php/244-ce3e7dc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。